こんにちは、操身術の中島です。

今回のテーマは、円や螺旋などの回転系の動きと重心の関係についてです。

 

円や螺旋の合気というと、手や体の動きの「軌跡」が、なめらかに円を描いていることが重要なように思えます。

しかし、本当は、「軌跡」が円を描いているのは、結果であって目的ではありません。

 

美しく円を描いた動きであっても、相手に力が伝わらなければ、技はかかりません。

自分1人で美しく回ることと、他人を回すことは、全く別の運動だからです。

 

竹とんぼを例に考えてみましょう。

竹とんぼを飛ばすとき、両手で合掌するように「軸」をはさみ、手をすりあわせるようにして飛ばします。

この時、手は前後方向に「直線的」に動いていますが、竹とんぼは、「回転」します。

 

今度は、アメリカンクラッカーを考えて見ます。

アメリカンクラッカーは、持ち手を上下に「直線的」に振るだけで、二つの振り子が「回転」します。

 

ここで、面白いのが「直線的な動き」が、円運動を生み出すということです。

円・螺旋系の合気は、結果として円運動になりますが、技をかける方は円を描く必要はないと言うことです。

 

詳しくは、「操身術DVD講座5」で紹介していますので、興味がある方は、ぜひご覧下さい。

 

▼操身術ショップ

古武術の達人技を再現する方法を詳しく解説!

累計600本突破の人気シリーズ

「操身術DVD講座」絶賛発売中です。

https://sosinjutu.shop/