こんにちは、ボーダーレスに武術を研究する「操身術」の中島です。

 

今回は、合気は柔道などの競技に通用するのかとういうテーマで考えて行きたいと思います。

 

まずは、投げ技を無効化する研究をしているところの動画をご紹介します。

 

 

合気が柔道に通用するかは、合気の技術レベルと相手の柔道のレベルによるはずです。

 

なんとなくですが、合気系の人は、合気を万能の技術のように思っていて、格闘技系の人は、合気なんてないと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

私の考えでは、双方ともに過小評価し合っていると思っています。

 

まず、柔道などの上級者の中には、ナチュラルに合気を使える人がたくさんいると思っています。

 

ただ、競技形式の実戦の中から編み出した合気なので、競技の中でしか発揮されない合気になってしまっているということです。

 

合気系の達人は、型から「身体が倒れる仕組み」を学んでいくので、普通は効きそうにない不思議な投げ技を使う事ができます。

 

ただ、型の稽古なので、相手が攻撃してくる、または受けるという前提の上です。

 

柔道も合気も体の仕組みを上手く利用して、技をかけているという点では、同じです。

 

講道館柔道の嘉納治五郎は、合気道を見て「これは、柔道だ」と言ったそうです。

 

私もそう思います。

 

みな同じ体の仕組みをしているのですから、柔道でも合気でも、中国武術でも空手でも、形は違っても、同じ事をやっているのだと思っています。

 

というわけで、操身術では、ボーダーレスに武術を研究しています。

 

操身術ショップ
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!
https://sosin.shop-pro.jp/