こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

操身術では、

 

「合気とは、何なのか?」

 

と問われれば、

 

「合気は、波である!」

 

と答えます。

 

なぜなら、合気を波動ととらえると、

 

不思議な現象をうまく説明し、技を再現できるからです。

 

 

合気は、波動(波)の性質を備えています。

 

波動ですので、波を合わせて力を増幅させたり、

 

干渉させて無力化したり、

 

波の引き込み現象でシンクロさせることができます。

 

この波の原理から合気の謎を解明するのが、

 

操身術DVD4〜6の「波動の使い方」シリーズです。

 

上記の動画は、DVD6の技術を使って、

 

手で発生した合気を顔にシンクロさせて転写し、

 

顔で相手の手に合気を伝えて投げる方法です。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

操身術DVD講座6

シンクロする「波動の使い方3」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

は、2018年2月下旬発売予定です!

 

お楽しみに!

 

▼操身術ショップ

達人技の解説DVD絶賛発売中です!

http://www.sosinjutu.shop/

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

今回は、シンクロする技術を使ってパンチの軌道をずらす原理を研究中の一幕です。

 

また、実用段階には達していませんが、だいぶ原理がつかめてきました。

 

 

いくつかの条件がそろうと、顔を目標に放たれたパンチが、いつのまにか受けの手を追跡してしまいます。

 

おそらく、人間の目の追跡反応をたくみに利用しているものと思われます。

 

現在、鋭意研究中です。

 

原理がわかりましたら、DVDで発表したいと思います。

 

お楽しみに!

 

▼操身術ショップ 
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!
http://sosinjutu.shop/

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

今回は、宮本武蔵の五輪書火の巻より「剣を踏むといふこと」がテーマです。

 

 

タイミングよく相手や相手の剣(拳)を踏みつけるようにすると、相手を崩すことができます。

 

ただ、普通に踏みつけても、相手を崩すことはできません。

 

タイミングと踏み方に、コツがあります。

 

操身術DVD講座6「波動の使い方3」では、武蔵ファン必見の「三つ先」「剣を踏む」技術のくわしい解説をしています。

 

2018年2月下旬発売予定です。

 

お楽しみに!

 

操身術では、五輪書の技術の解明にも挑戦していきます!!

 

(操身術では、五輪書は剣術の本ですが、武術全般に応用できる普遍的な内容だと考えています。)

 

▼操身術ショップ
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!
http://sosinjutu.shop/

 

 

 

 

 

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

今回のテーマは、スウェーです。

 

高等技術とされるスウェーは、打撃に対して、シンクロできるかが、成否を分けます。

 

スウェーは、相手の攻撃をのけぞってよける技術ですが、ただのけぞるだけでは、圧倒的不利になるのは、間違いありません。

 

よけたあと有利になるには、攻撃にシンクロしてよける必要があります。

 

速く、もしくは過剰によければ、相手は連続攻撃に移りますし、遅ければよけることができずに、当たってしまいます。

 

というわけで、スウェーには、シンクロする技術が不可欠です。

 

次の動画は、シンクロしてスウェーする技術で、攻撃を無力化し、バランスを崩して投げています。

 

 

操身術では、シンクロする技術を合気でいう「結び」ととらえています。

 

後半は、シンクロを使った別の技術です。

 

これらの技術は、操身術DVD講座6「波動の使い方3」で詳しく解説します!

 

お楽しみに!

 

▼操身術ショップ
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!
http://sosinjutu.shop/

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」中島です。

 

今回のテーマは、「合気は実戦でも使えるか?」です。

 

通常の合気技を、近代格闘技の競技者にかけてもかかりません。

 

合気技は、しっかり重心をかけて、攻めてくる相手には有効です。

 

しかし、勝ち負けを競う近代格闘技では、有利な体勢になるまでは、容易に体重を乗せて攻撃しないのが常道です。

 

合気は、体重をかけてしっかりつかんでもらう方が、かかりやすくなりますが、

 

しかし、臨機応変に対応できるよう、腕に余裕を持たせて押さえに来ると通常の形のように、合気技をかけても、耐えられてしまいます。

 

 

こういう場合でも、合気をかける方法はあります。

 

いくつかの手法がありますが、下記の動画は、そのうちの1つの手法を使って技をかけています。

 

原理は、DVD7以降で紹介しようかと思っております。

 

【操身術ショップ 】
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!

http://sosinjutu.shop/

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

操身術では、宮本武蔵「五輪書」の術理を、研究しています。

 

今回は、五輪書「火の巻」より「三つの先」の違いについてです。

 

 

まず、宮本武蔵がいう「三つの先」とは、下記の三つです。

 

懸(けん)の先

待(たい)の先

躰々(たいたい)の先

 

順番に説明して行きますと、

 

懸(けん)の先…相手より先に「先」をとる

待(たい)の先…相手が攻めてきた後、「先」をとる

躰々(たいたい)の先…相手と同時に出て、自分が「先」をとる

 

だいたい、上記のようなイメージです。

 

先とは、なにかというと、「相手に対して有利な間合いを確保する」という事です。

 

先をとると相手は、重心が崩れ、不安定になり、力が出せなくなります。

 

反対に、先をとった方は、安定して動くことができるようになります。

 

動画の「懸(けん)の先」では、相手に打ちこまれてから返しているように見えますが、

 

構えた時点で、相手の先をとっているので、「懸(けん)の先」になります。

 

ここがポイントです。

 

「懸(けん)の先」をとれれば、自分から先制攻撃をすることもできますし、相手の打ちこまれてからも容易に返すことができます。

 

先制攻撃だけが、「懸(けん)の先」ではないという事です。

 

対峙する前から、「懸(けん)の先」を狙う事が「達人技」の常とう手段になります。

 

「待(たい)の先」は、対峙した時点では、先をとれていません。

 

打ちこみをかわして、先をとっています。

 

「躰々(たいたい)の先」は、相手と同時に出て先をとってしまう方法です。

 

躰々(たいたい)の先をとる方法がわかると、相手と同時に出ても、自分が有利になることができます。

 

三つの先のとり方は、

 

操身術DVD講座6 シンクロする「波動の使い方3」

 

で、くわしく解説します!

 

2018年2月下旬発売予定です!

 

お楽しみに!

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【操身術ショップ】  
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!
http://www.sosinjutu.shop/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

操身術が初めての方は、DVD講座1からどうぞ!

こんにちは、武術的エンターテイメント「操身術」の中島です。

 

今回のご紹介する動画は、

 

合気の「相手を誘導する技術」=「導き」の回転編です。

 

最後に投げ飛ばす時、勢いがついていますので、かなり爽快です!

 

相手に悪いような気がしますが、やられてみると投げられるほうも、遊園氏のアトラクションのような楽しさがあります。

 

合気的メリーゴーランド!?といった感じです。

 

 

上記の動画の解説は、

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

操身術DVD講座6

シンクロする「波動の使い方3」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

でご紹介します。

 

発売は、2018年2月下旬を予定しております。

お楽しみに!

 

―――――――――――――――――――――――――――――

操身術DVD講座シリーズは、下記のショップで購入できます!

▼操身術ショップ

https://www.sosinjutu.shop/

―――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、ボーダーレス武術・身体研究「操身術」の中島です。

 

今回は、操身術のメインコンテンツ「操身術DVD講座」本編の最新作のご紹介です!

 

シリーズ第5弾のテーマは、円・螺旋など回転系の達人技です。

 

回転系の達人技と波動がどう関係してくるのか?と思われるかもしれませんが、

 

じつは、密接な関係があります。

 

ここが、今回最大のポイントです!

 

見ただけでは、わかりにくいかもしれませんが、受けをとってくれた相棒の浅井さんによると、今までで一番の衝撃だったようです。

 

それもそのはず、「波動の使い方2」は、単発でも衝撃力のある「波動」の応用で、


いってみれば、「波動」×2だからです!

 

なぜ、「波動」×2の威力かは、DVDでくわしく解説してまいります!

 

ぜひご覧ください!

 

2018年2月6日発売予定、予約販売も受け付けております。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

▼操身術DVD講座5『波動の使い方2』

商品販売ページ

https://www.sosinjutu.shop/?pid=127479589

▼操身術ショップ

https://www.sosinjutu.shop/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

今回は、待望の五軸理論、「合気編」のご紹介です。

 

タイトルは、五軸理論で『合気マスター』となっております。

 

本作は、身体に五本の軸を想定し、技をかけることによって

 

「カンタンに合気の技ができる」

「いろいろな応用技も、同じ原理でできる」

 

という内容になっています。

 

あまりにカンタンなので、

 

いつ世に出すか、かなり悩みましたが、

 

操身術の目標は、「人類総達人化」なので、

 

思いついたからには、出すしかない!

 

ということで、

 

今回のDVDでも惜しみなく公開しています。

 

とりあえず、ダイジェスト版をご覧ください!

 

 

五軸を意識するだけで、さまざまな技が可能になります!

 

初心者から上級者の方まで、楽しめる内容になっています。

 

ぜひ、ご覧ください!

 

五軸理論で『合気マスター』
【内容】

1、五軸理論の基本解説
2、合気における五軸の使い方
3、入り身投げ・天地投げ 実技解説
4、隅落とし・四方投げ 実技解説
5、小手返し・袖襟合気 実技解説
6、一本捕り 実技解説
7、各種応用技

内容は、上記のようになっております。

 

2018年1月22日発売ですが、予約での販売も受け付けております。

 

購入は、下記の販売ページで可能です。

https://www.sosinjutu.shop/?pid=127248631

 

クレジットカード決済(一括・分割・リボ払い可)と「ゆうメールでの代引き」決済を取り扱っております。

 

こんにちは、ボーダーレス武術研究「操身術」の中島です。

 

今回は、連続でYOUTUBEにアップした合気の多人数掛けのまとめをやりたいと思います。

 

まずは、片手で1人ずつ合気上げから投げる方法です。

 

 

次に、つかみかかってくるまとめて投げる方法です。

 

 

さらに、相手を一列に並ぶよう追い込み、1人ずつ倒す方法です。

 

 

最後は、棒を通して、二人をいっぺんに投げる方法です。

 

 

いろいろやりましたが、本質的には同じ事をしています。

 

人数が増えても同じです。

 

今回は、1対2ですが、1人目をさばいてしまえば、その相手を盾にすることもできますし、

相手にぶつけたり武器のように使う事もできます。

 

1人目を捕まえると、反動をつける土台にもなるので、

ボクシングに例えると、ロープの反動を利用したパンチのように、楽に動くことができます。

 

1人目が味方化し、逆にこっちが多勢になるような感じです。

 

多人数掛けのコツは、まだ計画中の操身術DVD講座PRO(仮)でやりますが、

原理は、DVD2一瞬で達人化する『達人体のつくり方』2で紹介した方法です!

 

【操身術ショップ】 
武術の初心者でも達人技ができる方法を解説するDVDを販売中!

 http://www.sosinjutu.shop/